衣裳着雛人形

雛人形 > 衣裳着雛人形

幾重にも重なる布地と
丹精な面立ちによる
引き込まれるような美しさ

草園作の雛人形の特徴は、ボディもすべて木胴(胴塑)による手作りです。着物の布地は和紙との袋張り仕上げで布に張りを持たせ、そのたおやかな起伏の表情を大切にしています。
他にも下衿重ねはすべて正絹羽二重を使用。殿の袖口などは銅線入りで、くせを修復しやすいこだわりも。姫の上着・五つ衣・単衣は六枚はぎで女性のお着物と同じように仕上げています。
360度、細部まで手をかけた品質で、お子さまと一緒のお支度の楽しさもより深まります。本物に触れさせたいという思いに応えられる本格仕様です。

1
お好みのお顔を選ぶ
お顔はお子さまの将来像を
重ねて選んでみても◎
  • 全5種類
  • あおい
  • あやめ
  • さつき
  • ゆり
  • らん

写真をクリックでお顔の詳細をご覧いただけます

2
着物の縫い方を選ぶ
3種類からお選びいただけます
こもも雛 (袋縫い)

最も基本的な作りのこもも雛は、上着の前方から両脇にかけ、両側から後ろに流れる着物部分に銅線を入れ、生地の表情がより豊かに見えるよう起伏を付けています。
また、刺繍肩帯がアクセントになっていて、袋縫いの重ね幅は均等に仕上げられています。

 
 
こまち雛 (袋縫い ずらし)

こもも雛を発展させ、五つ衣をずらして重ねることで、重ねた色彩を強調させより立体的に見せます。殿は石入石帯を使用しています。

 
 
小京都雛 (額縁縫い ずらし)

小京都雛はより本格的に仕上げた雛です。一番の特徴は姫の着物を額縁縫いで仕上げていること。 裏地も表地と同色を使い、上下を少しずつずらしてより本格的に仕立てています。 殿の居敷当ては二重で仕上げ、石入石帯・魚袋付き、木手を使用しており、足には足袋(襪しとうず)、袴緒付きです。

雛人形製作のご依頼・ご相談はこちら
1
この布で雛人形を作りたい!
そんな思いを叶えます

お好みの布で作りたいという思いを草園の技術でお応えします。
安心してお任せいただけるように、綿密に打ち合わせをし、ご希望に添えるよう心を込めて当社の職人がお作りいたします。
製作には約1ヶ月ほどお時間をいただいております。

2
秋田の伝統工芸品
「銀線細工」の小物

草園では、秋田ならではの技「銀線細工」の装飾品を身につけたお雛様を取り扱っております。

銀線細工はすべて熟練の職人による手作業でつくられます。習得に時間がかかり、技術的な価値が高いことから、秋田市指定無形文化財にも認定されている工芸品です。わずか0.2㎜程度の細い銀線を寄り合わせ、美しい造形を生み出します。
銀線の柔らかさと白い輝きは、可憐な花や蝶などを表現するのにふさわしい繊細さがあります。型に流し込む鋳物や銀メッキ品にはない、多面的な輝きや風合いが最大の魅力です。